コース別 詳細




基本「解りやすく」させていただきます上で『コース別』、と 設定させていただいておりますのですが、小学生以下を
「幼児・児童」・中学生以上から御年輩の方々、すべてを含め「一般(通常)」、そしてそんななか
美術系高校や、大学、及び専門学校等々…受験を踏まえ、まとまったお時間の下 そちらに沿った指導をさせていただきます
「受験コース」、と 大きく分けましてそのように分類させていただいております。

大きく違います点…『受験コース』におきましては

週3回3時間コース(月に36時間/3ヶ月で合計108時間)
週5回3時間コース(月に60時間/3ヶ月で合計180時間)
週3回6時間コース(月に72時間/3ヶ月で合計216時間)
週5回6時間コース(月に120時間/3ヶ月で合計360時間)

といった4種の形がございまして、それより選択をしていただきます。
※どのようなコースでも、基本的に「3ヶ月毎の更新」となります故に、その3ヶ月間については決まった回数やその授業時間
 となりますが、次の更新時の際に「回数や授業時間」などの変更は随時可能としております。
 例) 90分×月2回 → 90分×月3回に / 3時間月3回 →90分月2回に
     /受験コースの場合・・・ 週3回3時間コース → 週3回6時間コース 等々
    ※受験コースから通常の一般コースにされましたり、或いはその逆などの形も、更新時にご変更、随時可能としております


「幼児・児童コース」と「一般コース」につきましては、ざっと大きく言いますと『課題の違い』が 唯一大きく違いますことくらいで
基本、共に料金はご一緒となりますのですが、「受験コース」につきましてはそれと異なります料金体系となります。
※受験コースのこの上記4種でも、多少 若干料金が変わりまして 長い時間のコースほど 割安とさせていただいております


2004年12月に 当時中学2年生でした、橋由希さん…その後 晴れて文星芸術大学に現役合格をいたしまして
同大学を卒業しました年となります 2013年の4月より、私の教室の「幼児・児童コース」を担当いたしますまでの流れとなりました。
※そんななかではありますが、2015年9月頃に晴れてご結婚いたしまして、御名前は「島村由希」となりました次第でございます

そのようななかではございますが、基本的にご入会時に中学生以上のかたは二村担当、とさせていただいておりますのですが
「幼児・児童コース」より続けて通われております生徒さんが中学生以上となりました場合におきましては、基本 二村担当でも
島村担当でも、あるいは「どちらでも構いません」&「共に交互にでもみていただきたい」等々…生徒様の御意向に沿いまして
自由にお選びいただいて結構でございます。


ご選択されます授業日時によりましては、小学6年生以下でも「二村担当」とさせていただく例もございますし、逆に
小学6年生以下ではありますが「二村担当を希望」といった生徒さんもおられます。
逆に 大人の生徒さんで「二村と島村とに 日によって変えて両者にみていただきたい」といったかたもおられます。

そのあたりにつきましては、どうぞなんなりと
いつでもお気軽に御相談・お申し付け下さいませ



幼児・児童コースの生徒さんでも、中学生となりました後、どこかのタイミングより『クロッキー』の課題授業となりますが
ご入会をされましたタイミングが基本中学生以上…受験コースも同様に、すべてのかたには 初めにその『クロッキー』の
授業
をさせていただいております。(1回の授業時間が仮に一番短い90分としました場合、合計で約20回分の授業は「クロッキー」となります)
※その後におきましては、各々のお好きな画材道具を用いりまして 油彩や水彩、或いは色鉛筆やパステルなどを用いての作品制作
 に移行して参ります。(※引き続きクロッキーを続けられる生徒さんや、デッサン[鉛筆や木炭等々]などを描かれます生徒さんの他
 受験コースの場合につきましては その入試試験に沿いました課題等、組ませていただいております)



絵具(画材)等の違いがあれども、例えばですが(受験ではない例として)埼玉県展や、様々なる公募展等に出展するための作品を
取り組みたい、といったニーズにもそれにあわせましてご指導させていただいておりますが、単純に油彩といっても
しっかりとした具象画(グリザイユ技法などを用いりましたり)を手掛けられたいかたや、印象派のような色彩で描きたい
パステル調に・アンティーク調に・鮮やかなるビビットな色調で、等々・・・各々のニーズを汲み取りながら御指導させていただいております。
水彩につきましても、大きく分けまして「透明水彩」「アクリル・ガッシュなどの不透明水彩」とございまして そちらにおきましても
各々の御希望に沿いましてご指導させていただいております。



幼児・児童コースとさせていただいております、小学6年生以下の生徒さんにつきましては、基本「描くこと・表現することの奥深さや楽しさ」を
前提に、ひとりひとりの個性や特性、力などをこちらでしっかりと感じ取りまして 御指導させていただいております。
※幼少から小1くらいまでの生徒さんにおきましては、いろいろなる画材に触れ、自由に表現しながら まずはその楽しさを重ねていくことを
 主立って課題を設けております。それにつきましては小1なんて区切ることなく、まさにひとりひとりの個性やそのタイミングをこちらが
 感じ取りながら 基本それに於いては小学生高学年となりましても変わらず同様としております。ですが、4年生や5年生以降には
 模写や版画、モチーフをしっかりと観察して 観て描くこと、そしてまた 油絵のような作品制作も取り組んだりもさせていただいております。